オリンピック・パラリンピック開催期間の集荷・配送について

2021年7月13日(火)から9月5日(日)の間、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の選手村が開村し、大会開催期間となるため、東京都内および各競技開催地域で大規模な交通規制が行われる予定です。 この影響により、各競技会場の周辺地域を中心に、一時的に荷物のお届けに遅れが生じる場合があります。また、対象地域以外でも一時的に遅れが生じる可能性があります。


詳しくは、 ヤマト運輸公式HP をご確認ください。

「三陸素材の簡単レシピ」

東北の珍味「ほや」のアレンジレシピ-3選-

海のパイナップル 東北の珍味「ほや」のアレンジレシピ3選 簡単レシピ紹介 ほやキュウリ酢 ほやと塩揉みしたキュウリをまぜて、酢・砂糖・醬油で味付けするだけ! ほやキムチ 使う調味料はキムチの素だけ!ポリ袋でほやと一緒に揉んで出来上がり。 ほやキムチ 一晩冷蔵庫で寝かせれば味が染みてより美味しくなります! ほや煮 ほやをそのまま鍋に入れ弱火で煮て、醬油・塩を微量加えて完成です! ほや煮 ほやは加熱すると甘みが増すので、生ほやが苦手な方も食べやすくなります!

対象商品

 お刺身 ほや(宮城県産むきホヤ450g/液体急速凍結フレッシュパック)

お刺身 ほや
(宮城県産むきホヤ450g)

「海のパイナップル」で知られる珍味中の珍味!三陸で旬の時期に採れた甘味たっぷりの新鮮な 「ほや」の身をそのまま真空パックに詰め、冷凍しました。

1,231円(税込・送料込)

ほのかにスモーク香る かつお生利ぶし混ぜごはん

ほのかにスモーク香るかつお生利ぶし混ぜごはん 今回使用するのはコチラの商品 たけのこ・しいたけを薄切りに、人参を細切りにして、鍋に入れ、醬油・料理酒・みりん・砂糖を入れて煮ます。 その間に生利ぶしをパックから出し、半分に切った後、手で身をほぐします。 ほぐした生利ぶしを煮立てた具材の鍋に入れ、混ぜてから弱火で3分ほど煮ます。 鍋で煮た具材を、おひつに入れた白ご飯の上にのせ、全体になじませるように混ぜ合わせて完成です。 お好みで、細切りにした大葉や白ごまを適量ふりかけてお召し上がりください。 食べ切れなかった混ぜご飯は、翌日のお弁当のおにぎりにするのもおすすめです!

対象商品

 鮮かつおのたたきとかつお生利ぶしセット

鮮かつおのたたきと
かつお生利ぶしセット

生かつおタタキ600g(2~3人前相当)
香るかつお生利ぶし1節×1袋
たたきのたれ10g × 4パック付き

3,100円(税込・送料込)

宮城のブランド銀鮭(サーモン)でつくる、手まり寿司

Document

宮城のブランド銀鮭でつくるてまり寿司 今回使用する食材はこちら あぶりを真空パックのままボウルにいれ、流水で芯が少し残るくらいまで解凍します。 ご飯にすし酢を混ぜて酢飯をつくり、少し冷ましておきます。 解凍した炙りをお好みの大きさにカットし、大葉やキュウリなどの具材もスライスします。 ラップ上に切った炙りをのせて、一口で食べられる量の酢飯を炙りの上にのせ、ラップでくるみ、丸く形を整えます。同じように他の具材も丸めていきます。 つくったてまり寿司をお皿に乗せれば完成!

対象商品

 鮮かつおのたたき 炙りメカジキのセット

鮮かつおのたたきと
あぶりサーモンのセット

生かつおタタキ600g(2~3人前相当)
炙りサーモン130g
たたきのたれ10g × 8パック付き

3,300円(税込・送料込)

かつおハラスって何?

Document

かつおハラスって何?おすすめの調理方をご紹介 かつおハラスとは、1匹から1枚しかとれない希少部位!内臓のすぐちかくなので、最も脂がのっている部位でもあります。 おすすめの食べ方は「炭火焼」遠火でじっくり焼くことで、旨みを閉じ込めながらふっくらと仕上げります。 必要な調味料は塩だけ 解凍したかつおハラスの身に塩をふりかけ、数分おいて塩味をなじませます。 かつおハラスを炭火の上へ キレイな焼き目を作りたいときは、皮目から焼くのがオススメです。 身がふっくらしてきたら反対側も 脂で身がふっくらとし、身の色も少し茶色になってきたらひっくり返し時です。 焼きすぎないように注意 焦がさないように注意し、焼きあがったらお皿に移してください。 何もつけなくても美味しい焼き上がり グリルやフライパンでも美味しく焼くことができます。お好みで醤油をかけてお召し上がりください。

対象商品

 鮮かつおのたたき 炙りメカジキのセット

鮮かつおのたたきと
かつおハラスのセット

生かつおタタキ600g(2~3人前相当)
かつおハラス3枚※必ず加熱処理して下さい。
たたきのたれ10g × 4パック付き

2,900円(税込・送料込)

あぶりめかじき だし茶漬け

気仙沼産あぶりめかじき だし茶漬け 今回の使用食材 炙りめかじきを真空パックのままボウルに入れ、流水で芯が少し残るくらいまで解凍します。 解凍したあぶりメカジキをお好みの大きさに包丁で切り分けます。 メカジキの魚骨スープを鍋に開け、沸騰するまで煮立ちます。 よそったご飯の上に刺身、小葱、海苔を適量のせ、煮立てたあるある魚骨スープをかけます。 白ゴマとわさびはお好みで 今回ご紹介のあぶりメカジキは、季節限定販売「朝どれ!鮮かつおタタキと炙りメカジキ」でご購入出来ます!

対象商品

 鮮かつおのたたき 炙りメカジキのセット

鮮かつおのたたきと
炙りメカジキのセット

生かつおタタキ600g(2~3人前相当)
炙りメカジキ200g
たたきのたれ10g × 8パック付き

3,300円(税込・送料込)
 鮮かつおのたたき 炙りメカジキのセット

めかじき魚骨スープ
(400g/ストレートタイプ)

メカジキの中骨をじっくり丁寧に煮込んだ、 醤油風味のだしスープです。

270円(税込・送料込)

  • 2021.07.14
  • 15:17

三陸新鮮素材の「簡単」「ヘルシー」「美味しい」レシピ

三陸とれどき別冊企画三陸の品や素材を使ったレシピを公開中!

三陸素材の簡単レシピ!バナー


あぶりさんま棒寿司

あぶりさんま

■コメント

さんまde棒寿司。道具要らず★手間要らず☆

■材料

・あぶりさんま 1尾

・酢飯 約100g

・飾り付け用として、オクラ、レモン、いくらなど

■作り方

①酢飯を作っておきます。市販のすし酢を使うと簡単です。

②巻き簾にラップを敷き、あぶりさんま1尾を開いた状態でのせ、酢飯を敷きます。

③棒状のかたちをイメージしながら強く巻きます。

④巻き簾を輪ゴムで留めます。1時間ほどなじませます。

⑤巻き簾を外し、ラップごと切ります。この際に、包丁をその都度拭い、濡らしながら切ると失敗が少ないです。

⑥ラップを外し、皿に棒寿司を並べます。棒寿司の上に、細く切ったレモンやねぎ、薄く切ったオクラ、いくらなどを少量のせると、カラフルなアクセントになります。

「あぶりさんま」の商品ページはこちらから


あぶりしめさばの棒寿司

あぶりしめさば

■コメント

肉厚で脂のりが良い金華鯖を使った棒寿司です。

難しいようですが、意外と簡単!

■材料

・あぶりしめさば 1尾

・酢飯 約130g

・おろし生姜少々

・浅葱少々

■作り方

①酢飯を作っておきます。市販のすし酢を使うと簡単です。

②巻き簾にラップを敷き、あぶりしめさば1尾を開いた状態でのせ、酢飯を敷きます。

③棒状のかたちをイメージしながら強く巻きます。

④巻き簾を輪ゴムで留めます。1時間ほどなじませます。

⑤巻き簾を外し、ラップごと切ります。この際に、包丁をその都度拭い、濡らしながら切ると失敗が少ないです。

⑥ラップを外し、皿に棒寿司を並べます。棒寿司の上に、お好みでおろし生姜や浅葱を盛り付けます。

「金華あぶりしめさば」の商品ページはこちらから


あぶりしめさばのカルパッチョ

あぶりしめさばマリネ

■コメント

脂のりが良い金華さばを使ったカルパッチョには、シンプルな素材で充分。オリーブオイルとレモン汁がよりあぶりしめさばの旨みを引き立ててくれます。

■材料

・あぶりしめさば 1尾

・ラデッィシュ 1個

・ベビーリーフ 適量

・赤パプリカ、黄パプリカ 少々

・きゅうり 少々

・プチトマト 1個

・オリーブオイル 適量

・レモン汁 少々

■作り方

①サバを薄くカット

②オリーブオイルとレモン汁を混ぜ合わせる

③野菜を適当なサイズにカット

④サバをお皿に盛り付け、その上に野菜をのせ、最後にベビーリーフを添える

⑤オリーブオイルとレモン汁を混ぜ合わせたものをかける

「金華あぶりしめさば」の商品ページはこちらから


わかめサラダ

わかめサラダ

■コメント

三陸わかめは肉厚で弾力があり、歯触りが良いのが特徴。三陸わかめは”主役”にもなれる素材です。そんな三陸わかめを存分に楽しむには、サラダで召し上がって頂くのがおススメ。

わかめそのものの味を楽しんで頂ける様に、和える野菜はさっぱりしたものを選んでいただくといいカモ☆

■材料

・わかめ 適量

・いろどり野菜(人参、レタス、大根、トマトなど) 適量

・お好みのドレッシング 適量

■作り方

①わかめを塩抜きした後、食べやすい大きさに切る。

②レタスをちぎって水にさらす。トマトは1センチ角に切る。人参・大根を細く切る。

③水を切った材料をボウルに入れてよく混ぜる。

④ドレッシングをかける。

「三陸わかめ」の商品ページはこちらから


牡蠣のピザ

牡蠣のピザ

■コメント

ベーコンと牡蠣の相性がよく、ピザソースの酸味と濃厚なチーズがますます旨みを引き立たせます。

■材料

・牡蠣 6~8個

・グリーンアスパラガス 6~8本

・ベーコン 適量

・ピザ生地

・ピザソース

・チーズ 適量

・オリーブオイル 適量

・パセリ 少々

■作り方

①ピザ生地にピザソースをぬり、牡蠣、ベーコン、アスパラをトッピング。

②上からチーズをパラパラふり、200度のオーブンで5~6分焼く。

③仕上がりに、お好みでオリーブオイルとパセリをふりかける。


カツオパスタ

かつおパスタ

■コメント

栄養満点なのに超カンタン!パパッと直ぐ作れちゃいます。

■材料

・パスタ 100g

・カツオ 80g

・梅肉(梅干し) 2~3個

・水菜 適量

・ホウレン草 適量

・にんにく 適量

・オリーブオイル 適量

■作り方

①水菜、ホウレン草、にんにくをお好みのサイズにカット。

②梅干しの種を除き、荒く刻む。

③ホウレン草を茹でる。

④沸騰したお湯にパスタを入れて茹でる。

⑤フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ火にかける。

⑥にんにくの香りが出てきたら、カツオを入れ両面を焼いて火を通す(7~8割の焼き)。

⑦カツオに7~8割火が通ったら、パスタ、ホウレン草を入れ混ぜ合わせながら温める。

⑧塩、こしょう、梅肉をいれ、味を整えお皿に盛る。

⑨仕上げに、水菜を添えて出来上がり。

  • 2020.09.06
  • 20:36

さんまのおろし方(調理のポイント)


■調理のポイント

秋の味覚の代表として、ほろ苦い内
臓が好まれる塩焼きは、エラに塩を
つめて焼くと、水分と生臭みが抜け
ます。鮮さんまは刺身用としても利
用できますが一般的には酢でしめ
て使うことが多く、また、すぐ使わな
い時は、鮮度が落ちないよう、頭を
落とし、内臓を取っておきたいもの
です。
流水をかけながらウロコや背びれ
周辺の雑菌を洗い水気を取ります
頭を左に置き胸ビレのつけ根に包
丁を入れて頭を切り落とします。

包丁の刃を外側に向け、図のように
腹を開きます。開いたら内臓を包丁
でかき出し、流水で洗い水気をふき
取ります。
尾のつけ根に、中骨を切らない
ように切れ目を入れておきます。
頭側から尾へ、中骨にそっておろし
ます。同様に反対側もおろしてくだ
さい。(※ゆっくりで大丈夫です。中
骨の下に包丁がいかないように気
を付けてください。)

残っている腹骨をそぎ取ります。
刺身にする場合は、大きめにそぎ
取るようにし、形をととのえておき
ます。
刺身にする時は、皮を手でひきます
頭部を押さえ、頭側から尾に向かっ
て皮をひいていくと、きれいに取るこ
とができます。
酢でしめるには、塩をまいた まな
板上に皮目を上に並べ、塩をふり
かけ5分程おき酢1対水4の割合
で合わせた割酢に1~2分浸し、そ
の後水分を布巾でふきとります。

お試しさんまレシピ【さんまのマリネ】

sannma_toppu.jpgsanma_marine.jpgsannma_toppu_sita.jpg

zairyou_.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • さんま     1尾
  • 塩・胡椒    少々
  • 小麦粉
  • ズッキーニ   1/2個
  • パプリカ    適量
  • ドレッシング(イタリアン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tukurikata_.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、さんまを3枚におろし、お好みの大きさに切り分ける。

2、1に小麦粉をまぶし、少し多めの油を入れたフライパンで、揚げ焼きにする。

3、ズッキーニ・パプリカを適当なサイズにカットして、

  お好みのドレッシングで和える。

※冷蔵庫で冷やすとさらに美味しくお召し上がりいただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ページトップへ